未分類

男性ホルモンが分泌されるのを抑制する働きを持っているイソフラボン

大豆の中の成分のイソフラボンは女性ホルモンと同様に機能することが可能で、男性ホルモンが分泌されるのを抑制する働きを持っています。

男性型脱毛症、いわゆるAGAは男性ホルモンが毛の薄い状態を引き起こす原因成分へ変化することで症状が表面化しますから、男性ホルモンを過剰に出さないようにすることで髪の毛を生やす効果が出てくるのです。

色々な大豆製品がある中でも、栄養物質を腸から体内に吸収しやすくなっている液状の豆乳は、最もイソフラボン摂取に効果的な食べ物と言えるのではないでしょうか。

今日スタートして3日の間に効き目がわかり始めるまでの即効性を育毛治療に期待するのは無理です。

育毛剤の使用に加えて頭皮マッサージや生活改善を頑張ればある程度は早まる可能性もあります。

そうは言っても、かかる時間は何ヶ月単位です。

腰を据えて気長に続けることがポイントです。

是が非でも早期に成果が欲しい時は、植毛の方が適しています。

男性型脱毛症であるAGAが発症する時期は思春期からだそうですが、具体的な発症年齢が決められているわけではないのです。

AGAの発症時期が思春期からということはすなわち10代でもなっておかしくないわけで、自分で気になり出したら早め早めに育毛ケアをするのがベストです。

しかし、医薬品と認定されている育毛剤は未成年が使ってはいけないと定められています。

未成年は医薬部外品の使用を試みるか、頭皮の状態を整えるために生活習慣を見直したりすることでケアするようにしましょう。

自分では良いと思ってやっているケアが、じつのところ養毛や育毛にとっては悪い結果を生んでしまうことがあるのです。

たとえば、なるべく早く結果が欲しいからといって使い方に記載されている回数や量を上回って市販の育毛剤などを塗布してしまうケースです。

多く使えばその分効果覿面なのかといえばそれは違いますし、薬剤の有効成分によっては限度を超えた使用は頭皮にかぶれなどのトラブルを引き起こす要因になることもあるのです。

テレビなどで取り上げられることが多い育毛シャンプーのコマーシャルに接する度に思うのですが、これらメディアの中身から察するにこれさえ使用していれば髪の毛がフサフサするかのように錯覚してしまうかもしれません。

しかし、決してシャンプーのみで髪の毛がふさふさに生えてくることはないといっていいでしょう。

いわゆる育毛シャンプーの役目はドンドン髪が丈夫に生えてきやすいよう発毛するための頭皮バランスの調節であり、じかに毛根へ作用するわけではないからです。

いつも行うブラッシングをないがしろにせずに、正しい方法で髪の毛をとかすようにすることは、頭皮環境を改善して育毛や養毛に効果的となります。

ブラッシングに使うブラシは先が尖っていないもので、髪の毛同士が静電気で摩擦を生みにくいものを慎重に選ぶようにしましょう。

普通のブラシよりもちょっと値が張りますが、人工素材でなくて自然素材のブラシを選ぶ方がベターです。

それから、先端が尖っていないブラシを選んだとしても、出来るだけ直接頭皮にブラシを当てないようにしてブラッシングすれば毛根、および頭皮に過剰な負荷をかけずに済みます。

普段から元気な髪を作る事に注意を払っておくのが手っ取り早い育毛ケアとしては一番です。

丈夫な髪を育てたければ頭皮が健康でなければなりませんので、頭皮のベストコンディションを確保するために血行の促進が鍵を握っています。

シャワーのみでお風呂を終わりにしないで湯船に入って頭皮マッサージを行う時間をとったり、極力ストレスを抱えないよう力を注ぐことも肝心です。

育毛、発毛について効力を持つとも言われるたんぱく質の一種である成長因子は、グロースファクターという別名も持っています。

毛母細胞が活発に活動するよう影響を与える、ヘアサイクルを好調にする、血流をよくするなどの効き目が期待できます。

治療で成長因子を毛穴に注入するという育毛クリニックも存在します。

加えて、成長因子配合済みの育毛剤も手に入れることができます。

マッサージ器具によく用いられる低周波治療器は、これを育毛ケアの補助として導入するとうまく作用すると見られています。

マッサージ効果が血液循環を向上させ頭皮のコンディションをアップさせるのに加え、毛穴に詰まった老廃物を取るのを容易にしてくれます。

きちんと頭皮の毛穴汚れが取れれば、 後で使われた育毛剤を毛穴の奥の毛乳頭まで届けられるはずです。

厚労省認可の育毛治療薬は、今のところ、プロペシアとミノキシジルです。

プロペシアは内服薬で、ミノキシジルは外用薬です。

プロペシアとミノキシジル以外の薬を使うためには、海外輸入に頼ることになるでしょう。

交渉の際の語学力が不足しているなどで自分だけの力で海外輸入が不安な場合には、輸入代行会社を利用すれば良いのです。

しかしながら、今の日本で許可されていないので、これらの薬を使って起きた副作用については自己責任になってしまうのは覚悟しておきましょう。