未分類

満足に比較もしないまま一社にしてしまうことも

土地や住宅の査定をしたあとになって、売却予定はどうでしょうと不動産会社から何回も連絡が来て対処に困るという話も聞きます。

お願いします、頑張りますで押し切られたり、相場ならどこに頼んでも同じだろうと考えて、満足に比較もしないまま一社にしてしまうこともあります。

でも、それは間違いです。

不要であれば断るのは一向に構いません。

複数の会社に依頼が行けば断られる会社の方が多いのですし、依頼者もそう割り切るべきでしょう。

まだローンを完済していない家を売却するなら、売ろうとする以前に全額繰上げ返済しなければいけません。

不可能であれば、債権者である銀行などと交渉を行い、例外的に売却する事、つまり任意売却の許可を取るわけです。

債務者本人がこうした手続きを滞りなく済ませるのは困難ですし、時間ばかりが経過してしまいます。

弁護士事務所や任意売却を専門に扱う会社などを通して、折衝から手続きまでの一切を任せたほうが良いでしょう。

一戸建てを売却する時、1番最初に思うことは仲介してもらう不動産屋をどこにしようかということでしょう。

そこの不動産屋の得意分野は何でしょうか。

戸建ての売買に多数の実績のある不動産屋や中古マンションの売買の方が得意という不動産屋もいるでしょうから、用途に合わせて、不動産屋を吟味してください。

さらに、一戸建ての売却の時は、一括査定サイトを使うと役立ちます。

同時に複数の不動産屋に依頼することができて、査定額を比較することで、相場がわかるはずです。

普通、不動産査定で行われる査定方法は主に二種類の方法で行っています。

具体的には、訪問査定と机上価格査定と呼ばれているものです。

不動産会社が現地へ赴き、物件を見ながら査定することが訪問査定と呼ばれるものです。

机上価格査定では、物件の各種データのみを根拠にして査定額を決定します。

ここで参考にされるデータには、築年数や間取り、周辺地域での相場、会社の販売歴から机上価格査定が行われます。

どうしても、訪問査定よりも正確さには欠けてしまうとはいえ、おおよその相場を知る上では適当な方法だと言えるでしょう。

一般的に、不動産の査定は土地の価格相場や、それまでの売却事例を参考に総合的な判断がされています。

もちろん、このような査定基準以外に、その会社が持つ具体的な査定基準は微妙に違うので、会社によって査定結果に差が生まれるのです。

具体的な査定額の理由を、不動産会社は明らかにしなければならないと法律の規定があるので、査定結果に疑問があるときは答えてもらう権利があります。

不動産業者の中には悪徳業者が存在していることも事実です。

騙されないよう、自衛に徹することが大切です。

例えば、他社の査定結果より高すぎる査定額を提示するような業者があれば警戒した方がいいかもしれません。

査定額が相場に対して不自然かどうか判断できるのも不動産の一括査定が人気の理由だといえます。

あるいは、査定結果についての疑問を尋ねたとき、きちんとした説明責任を果たさないところも悪徳業者である可能性が高いです。

ちょっとした豆知識ですけれども、土地や建物の評価を見積りに来る企業がきちんとした会社かどうか、個人が判断するのにうってつけの方法が「免許番号」です。

パンフレットや名刺に免許番号が載っていない業者は、無認可で営業を行っている可能性があるので注意が必要です。

また、第何号という番号の前につくカッコ内の数字は免許更新回数を表すので、長年営業しているところほど数字は大きくなります。

しかし、数字が小さくても法人格の変更が原因であることもあり、カッコ内の数字が1や2だから宅建営業歴が浅いと言い切ることはできませんが、一応の目安にはなります。

昭和期に建てられた家のように、売主側が築年数の古さを気にしている物件でも、リノベ業者が購入したり、個人で改築して住みたいなどの要望もあり、以前に比べるとニーズがあります。

それに古くても広い家の場合は手を加えてシェアハウス的に利用したい買い手が増えているのも事実です。

事前に建物調査診断などを実施して、建物の状態が良いことが証明できれば、より有利な取り引きができるでしょう。

つつがなく、所有のマンションを売却したら、忘れてはならないことの1つは、納税の手続きです。

所得税や住民税などの手続きが必要なのです。

マンションの売却をすることで、いくらかの利益がでた場合には必ず税金がかかってきてしまいます。

ただし、もし売ることになったマンションがそれまでのマイホームで、投資などのために所有していたものでなければ、まず、3000万円の特別控除、そして、特別軽減税率といわれるありがたい特例の対象となり、負担が大幅に軽減されます。

事前に調査をした上で、確定申告をすれば、少し日数を要しますが、納税額が手元に戻ります。

普通、不動産査定を受ける時は、まずネットで相場を調べるのが定石ですが、そのあとより詳しく査定してもらいたい時には、不動産仲介業者に現地に赴いてもらって詳細をチェックしてもらいます。

業者は現地でしか分からない立地条件や建物の劣化の有無、部屋の間取りや日当たりなどを細かく見ます。

あるいは、物件がマンションなら共有設備についても細かく確認して、正式な査定額を出してくれるでしょう。

それぞれの不動産業者で少しずつ査定のポイントが変わり、査定結果も変わってくるでしょうから、一社の査定だけで決めるのは危険です。