未分類

頭皮がほぐれていることは丈夫な髪の毛の育毛に大切なこと

手間がかからずに頭皮をほぐす方法として、耳たぶ回しと呼ばれる方法がこの世に存在するのです。

そのまま言葉通りに耳たぶを回転させるだけのことなのに、これを行うと、あご近くの血液の巡り、それに、リンパの流れを良くする効果が期待できます。

よく頭皮がほぐれていることは丈夫な髪の毛の育毛にとってもすごく良いことです。

それに、育毛に限らず、人の体にとってみても血液とリンパ液が循環不良になることでさまざまな不調が出てくるでしょう。

体の中で近い位置にないので関連性は薄いと考えがちですが、腸内と育毛というのは、関連性が強いのです。

便秘をして腸内環境が悪化した状態になると、腸の中にたまった食べ物から有害物質が出て来て、体全体にこれらが運ばれて循環してしまうのです。

腸内環境改善には乳酸菌が効果があるのは有名ですね。

乳酸菌は腸内環境の改善に貢献するだけでなく、発毛促進成分のIGF-Iの分泌を胃腸内で増加させてくれる機能があり、さらに育毛効果が増すのは間違いありません。

整体やカイロプラクティックのなかには、健やかな髪の毛のために頭蓋骨矯正を行う施術院もあるのです。

頭蓋骨矯正を行うのは、頭皮環境が悪化するのは、頭蓋骨がズレたり歪んだりしているからだという意見に従って行っています。

育毛治療やセルフケアなどと一緒にカイロプラクティックなどの頭蓋骨矯正を試みれば、相乗効果をかもし出して予想以上の効果が生まれることでしょう。

育毛剤の使用、クリニック通いといったケアをせっかく行っても、髪の毛のベースとなる身体のコンディションが良くなければケアの効果も落ちてしまいます。

要するに、血液循環を促すような体質の改善が不可欠です。

可能な限り運動や睡眠の時間が不足しないようにする、シャワーだけでなくお湯に入る時間をしっかり持つ、タバコを吸っている人は本数を少なくする等でゆっくりですが確実に体質改善がされていきます。

現在のところ、育毛用の治療薬として厚労省から認められている薬は、ミノキシジルとプロペシアの2つしかありません。

この2種類のうちでプロペシアは内服薬で、外用薬として売られているのはミノキシジルの方です。

ミノキシジルには内服して使うタイプのものもあります。

しかし、現在の日本国では薄毛用の治療薬としては無認可ですから、基本的な入手手段としては個人輸入となるでしょう。

ブドウの種を絞って取り出されるグレープシードオイルのことをご存知の方もいるかもしれませんが、強烈な抗酸化作用を持っている事で有名です。

この抗酸化作用によって体内の活性酸素(毛母細胞の機能を邪魔する)のはたらきを抑制することができます。

活性酸素を抑制することに加えて、オレイン酸がパサパサした頭皮に油分で潤いをつけてくれます。

ですから、育毛にはとても効果があるオイルといえるでしょう。

グレープシードオイルで頭皮マッサージを行ったり、通常のオイルのように料理の際に使用しても構いませんし、サプリとして内服することでも効果が出るでしょう。

なるべく頭皮を冷やさずに温めてあげることは育毛の基本と言って良いでしょう。

頭の表面が冷たくなっていると血行が悪くなって毛を育てる毛母細胞に栄養分が運ばれなくなる上、アブラは冷えると固まるので、頭皮のアブラが毛穴に詰まってしまう要因となります。

育毛用のドライヤーも販売されているようですが、もっとも簡単な方法としてはシャンプー前に頭をお湯で充分に洗って温かくし、頭皮に付着した老廃物とか皮脂を取り除きやすくする事でしょう。

良い結果を生むだろうと考えて行っているケアが、その実、髪の毛にとってはかえって悪い結果となってしまっている場合があるのです。

逆効果になっている例としては、即効性を望んで使い方に記載されている回数や量を上回って育毛用の治療薬などを使用した場合がこれにあたります。

多く使えばその分効果覿面なのかといえばそれは違いますし、薬剤の有効成分によっては適量を守らないで塗布すると肌トラブルを招く要因になることも充分に考えられます。

適度なダイエットではなく急激に体重を減らそうとすると、髪の毛が薄くなってしまう場合があります。

一気に何も食べなくなるなどのダイエットを行うと、吸収されたほんの少しの養分は優先順位として生命維持に使用されることになるのです。

なので、生命維持と直接関連しない頭皮には栄養分は後回しになり、髪の毛が抜け落ちて薄毛の要因になるのです。

とどのつまり、極端な食事制限をせずに適切な食事と運動療法をすることが、ダイエットや育毛、および養毛には重要だということです。

健やかで頑丈な髪の毛を今より増量するには、頭皮の環境を整えることと、育毛のための治療を同時に進行させることが必要になってきます。

頭皮の血行が改善されるにしたがって、栄養素が髪の毛を作っていく毛母細胞へしっかりと浸透することになるのです。

入浴中に頭皮のマッサージをやるのは良いことではあるものの、何でもほどほどに行うことが肝心ですよ。

力を入れすぎて強烈な痛みを感じるように行ったり、マッサージを長時間にわたって続けることは却って頭皮にとって負担になるので注意しましょう。