未分類

歯並びの矯正を受けるときには抜歯が必要なこともある

歯科で歯並びの矯正を受けるときには、歯科医師の判断にもよりますが、抜歯が必要なこともあるようです。

大きくゆがんだ位置に生えてしまっている歯を本来あるべき位置に直そうとしても、別の歯が詰まっていて難しいという場合もあり、抜歯はそれを見据えた処置ということです。

この場合、邪魔な歯を無視して強引に矯正を進めると、歯に押されて歯列全体が拡大してしまい、顎が広がり、不恰好になってしまう可能性すらあります。

毎日を忙しく過ごされている方にとっては、矯正治療を受ける場合、どの程度歯科医院に通わなければならないのか懸念があると思います。

矯正の治療が始まると週1回ペースで通院が必要になることもありますが、はっきり言って難しいと感じる方も多いと思います。

歯科矯正については、器具を歯に装着したらその後は器具が清潔か、虫歯になっていないかなどが治療方針になると思います。

普段から歯磨きをしっかりしていて、口内のケアを欠かさない方ならば矯正治療中であっても、そう頻繁に通院せずとも良いのかもしれませんので一度確認してみましょう。

歯科矯正、歯科矯正と気軽に言っていますが、その原理をご説明しましょう。

矯正器具で歯に力をかけて、変な位置に生えている歯を本来の位置に持って行って、噛み合わせや歯並びを調整します。

盆栽の世界でいう、針金掛けと同じような技術といえるでしょう。

矯正装置にも色々な種類があり、基本的にはマルチブラケット、他にはホールディングアーチなどです。

矯正治療が終わった後も、すぐに器具から解放とはいかず、矯正と同じくらいの期間、リテーナー(保定装置)を付ける必要があります。

ホワイトニングが最近話題ですね。

歯の黄ばみなどを落とし、白い歯を実現できるのが何よりの価値です。

しかし、体質や生活環境によっては、なかなか白くならない人もいます。

思った通りの白さを出すのが難しいという点も、難点と言えるでしょう。

歯は美人を作る一番のポイントとも言われますので、美容を専門としている審美歯科の先生に相談し、しっかりと希望を伝えることが何より大事です。

さらに、歯並びが気になる方は、歯科矯正も受けるといいでしょう。

ホワイトニングの方法は一つだけではありません。

大別すると、歯科医院でのみホワイトニングの施術を行うオフィスホワイトニングと、自分の歯の形に合わせたマウスピースを作ってもらい、自宅で定期的に処置を続けていくホームホワイトニングがあります。

これに加えて、両方のいいところを組み合わせた中間的な手法(デュアルホワイトニング)により、デメリットを補い合うことも可能です。

採用する手法や健康状態によっては、ホワイトニングの施術中に並行して歯列の矯正を行うということもできるので、担当の先生に聞いてみましょう。

治療を受けても効果が長続きしなかった、などの失敗談もホワイトニングに関してはたまに聞かれます。

確かに、ホワイトニングのやり方によっては、歯の白さは数ヶ月から二年ほどしか続かないのが実情です。

最も良い方法は審美歯科で施術を受けることですが、利用するホワイトニングの手法に加え、持続期間などを確認した上で施術を受けるべきです。

同時に歯科矯正も受けたいという方は、いずれにも長けた歯科を選ぶべきです。

歯のホワイトニングにはトラブルもあります。

白くなるまでに予想以上に時間がかかることもありますし、一部だけが白くなってムラができてしまうケースもあります。

生活習慣や体調など、人によってさまざまな原因がありえます。

この場合、長い時間をかけてでも、繰り返しのホワイトニングで効果は得られます。

これだけに限った話ではないですが、歯を綺麗にするのに必要な時間もあくまで人によりけりというわけですね。

一人一人の状況によって変わるとはいえ、歯の位置を強制的に変える歯列矯正では日々の痛みからは逃れられないと言われています。

しかし、歯科矯正のテクニックも年々変わってきていますから、今では「痛みを伴わない矯正」を謳っているところも増えているようです。

歯科矯正は受けたいけど痛みには耐えられなさそう、という方でも、そうした歯科にかかれば大丈夫ですね。

子供の頃から顔の形が気になるという場合、ひょっとしたら、歯列が骨格の形に影響しているのかもしれません。

出っ歯・反っ歯や、受け口・しゃくれなどでお困りの場合、矯正によって歯並びが治り、それに加えて顔の形も小顔になるという嬉しい話もあります。

噛み合わせが正しくなれば、食事も楽になり、奥歯を噛み締めて力を入れることが無理なく行えるようになりますので、まさに良いことずくめといえます。

綺麗な白い歯を保つホワイトニング。

これは、毎回歯医者に通わなくても、自宅でも続けられます。

自分の歯の形に合ったマウスピースを歯科で作ってもらい、毎日1、2時間ほどこれを装着し、薬剤で歯を白くしていきます。

歯科にかからず、市販のマウスピースを使って行うホワイトニングも主流になりつつあります。

費用は高くても一万円程度なので、歯科に比べるとずっと安いですし、最近は各社から使いやすいアイテムが売り出されています。

2週間くらいで大幅に歯が白くなるので、さらに歯科矯正も行えば、笑顔の好印象もぐっと高まりますね。

お試しキャンペーンの申し込み前に解約方法をチェック⇒ムシバイ 解約