未分類

手続きが簡易で裁判所を通さなくてすむ任意整理

債務整理とは借金を整理することの総称で、その方法は任意整理や特定調停、あるいは個人再生や自己破産などが含まれています。

多くの人が、任意整理で借金を清算しますが、手続きが簡易で裁判所を通さなくて済みますし、時間がかからない点が特徴です。

担当する弁護士や司法書士が、受任通知を各業者に送付するので、取り立てを一時的に止めてもらえるでしょう。

一方、個人再生や自己破産、または特定調停で債務整理を行うとなると、裁判所に申し立てすることは避けられないでしょう。

本人が債務整理を行うことは難しいため、司法書士や弁護士といったプロに頼るのが良いでしょう。

依頼をするとなるとお金が必要になるので、そんな金銭的余裕はないと思っている方も多いようです。

しかし、事務所などに支払う料金は、無事に債務整理が完了した後に、支払い方法を選んで払うこともできます。

弁護士に依頼したその時に請求される、というようなことは、まずありえませんから、依頼の際にお金のことはあまり心配せずに済みます。

注意してほしいのは、債務整理の際に、真面目に返済をし終わったとしても、一定期間、金融サービスの審査で落とされてしまうでしょう。

債務整理をした人はこの事実が信用情報機関に保存され、ブラックになりますから、数年間はクレジットカードの利用や、大手金融機関のキャッシングサービスやローンを使うことなどができなくなります。

借金を清算できる債務整理ですが、不利に働くこともあります。

その一つが、ブラックリストに名前が載ってしまうことでしょう。

その影響として、ある程度の期間はローンや借り入れといった契約ができなくなるでしょう。

自己破産や任意整理など、債務整理には複数の種類がありますが、どのような方法で債務整理を行ったかでブラック解除までの時間が約5年間から10年間と異なり、一律ではありません。

債務整理を弁護士に依頼するとなると、料金がかかりますが、依頼を考えている弁護士事務所に直接問い合わせたり、公式ホームページがあればそれを調べると、どれくらいのお金を用意しなければならないか、分かると思います。

債権者との話し合いが一筋縄ではいかないようなケースでは、さらに費用がかかる場合もありますが、あまりに特殊な事情でなければ、平均的な価格で済ますことができるでしょう。

各弁護士事務所によって、料金はもちろん、対応も変わりますから、信頼できなさそうだと思えば、別の事務所を探すのもおススメです。

実際に債務整理をしたら、無事に解決するまで、どれくらいの時間を必要とするのでしょうか。

債務整理の方法は様々なので、行った債務整理が違えば手続きが終わるまでの期間も違ってくるでしょう。

ですが、どのような方法を取った場合でも、3か月以上はかかってしまうと理解しておいてください。

当然ですが、債権者の数が増えると手続きにも時間がかかりますから、長引けば1年、またはそれ以上かかる人もいるようです。

仮に独り身の時に債務整理を経験し、現在もブラックリストから外れていない人は、入籍して配偶者の苗字になったところでブラックリストから名前が消えるということはありません。

金融機関が審査を行う時には名前だけを確認するのではなく、その他の情報を照らし合わせて信用情報を調べるのです。

要するに名寄せを使っているのです。

それゆえ、苗字が変わった程度では独身時代からのブラックが続くことになります。

一般的に、債務整理を行うとブラックになりますが、任意整理を選んだ人ならば金融機関の各種ローンを利用できるかもしれません。

任意整理では、自分のできる範囲で返済を続けていきますし、裁判所も通さないので官報などに氏名や住所が載る心配もありません。

仮に、過払い金が発生していたら、返還請求した過払い金で借金を返済できる場合もあります。

このような人はブラックになる心配がありません。

自己破産や任意整理などの種類がある債務整理は、どのようなかたちであっても借金地獄から抜け出すチャンスになるでしょう。

しかし、無事に解決するまで数ヶ月かかる場合があります。

長い期間ですから、この間にお金を借りる必要が出てくるかもしれません。

とはいえ、債務整理の最中に新たな債務を抱えるような行動は避けてください。

これがバレてしまうと、裁判で不利にはたらき、免責許可が下りず借金の支払義務だけが残ることもあります。

債務整理は借金を整理するための手段で、これを行うと払いきれない利息を整理できますが、ブラックリストに名前が載り、クレジットカードやローンの審査に通らなくなるというデメリットも存在します。

ここで心配になるのがアパートやマンションの賃貸契約など、住まいに関する契約にも影響が出るのかどうかということでしょう。

実際に調べてみると、どうやら、契約可と契約不可の物件のどちらもが存在しています。

どこでも選べるというわけではないのですが、借りることは不可能ではありません。