未分類

頭の地肌に有効成分を注射して直接的に毛根に働きかける

現在の医学でAGA対策をする場合、治療方法は大きく分けて2つあります。

塗り薬や内服薬といった一般的な方式と、頭の地肌に有効成分を注射して直接的に毛根に働きかけるといった病院の中でなければできない外科的な処置があります。

いずれにせよ効果のある方法ですが、実際のところ体質、症状、それまでの経過などの要素によって推奨される方法は違いますし、片方を妄信的に続けるのは良くありません。

病院で医師に自分の症例に最適な治療を判断してもらった上で選択し、治療する方が時間も無駄にしなくて済みます。

おでこの生え際が広がってきたり、頭の天辺が寂しくなってきたりで、男性型脱毛症を疑うようになってきたら、単純ながら自分で確認する方法がないわけではありません。

枕元や床に落ちた髪をじっくり見てみて、短めで比較的細い髪が多く含まれていないかをチェックします。

成長途上で抜け落ちている頭髪のパーセンテージが高いほど、健康な髪の成長を支える基礎的な能力が劣化しているので、男性型脱毛症の疑いが濃厚になります。

ミノキシジルとプロペシアはAGAに有効な薬剤として2大勢力です。

プロペシアは医師の処方が必要な薬ですが、2014年になって同様の成分のジェネリック薬が販売されるようになりました。

時間をかけてなるのがAGAなら、治療にも時間がかかるのは当然で、服薬も長期間続くでしょう。

継続的な負担をなるべく軽減していこうと思ったら、相対的に安価な後発医薬品を使用することが最も手軽な方法です。

育毛では土壌にも喩えられる頭皮には多くの皮脂腺が存在します。

洗髪が不十分だったり皮脂が多い人の場合、これが汗などの汚れと結びつき、正常な代謝ができなくなって抜け毛やフケの大発生につながります。

頭皮の清潔と健康な状態を維持することは、地肌と毛髪の元気を取り戻すことに繋がります。

すすぎ残りのない洗髪方法は地肌への負担が減ります。

また、育毛に良いシャンプーを使ってみるのも良いですし、日常生活の中で良い洗髪習慣を導入するだけでAGAの治療を助ける効果はかなりあります。

薬や外科的な治療と比べてはいけませんが、男性型脱毛症の治療をしている人には地肌のマッサージは有効ですから、やり方を知っておいて損はありません。

普段から丁寧に揉みほぐすことにより育毛環境のベースとなる頭皮の状況が良好になり、医学的な治療をサポートしてくれるのです。

スカルプマッサージを行うことで代謝が良くなり、髪の根元の皮脂や古い角質等が軽いシャンプーで落とせるようになるので、洗髪が与えるストレスも減らすことができます。

治療開始からAGAの状況が良くなり始めるまでの期間というと、ある程度の個人差を考慮しても、最低でも3ヶ月ないし6ヶ月程度と見ておけば間違いありません。

その後、見た目で薄毛が解消ないし改善されたと太鼓判が押せるようになるのは、実際に何年という時間が必要かもしれません。

髪が生えて成長する速度を考慮に入れなければいけませんから、治療は長期的です。

ある程度の長期戦は覚悟して、じっくり腰を据えて治療していくことが肝心です。

医師の診察や投薬を受けながら、ライフサイクルの乱れを調整することは、進行性であるAGAの症状を緩和し、育毛に適した体質に変えていく上で非常に重要です。

栄養面でいうと髪に良いものはたんぱく質はもちろんですが、ミネラル、ビタミン、微量元素である亜鉛も重要です。

毎日の食事で摂ることができれば、頭皮の代謝や毛髪の健全な育成の良い手助けになり、健康的な食生活は長期的に大きな影響をもたらしてくれるでしょう。

ただ、量を多く摂取すれば効果を発揮するという類のものではないですから、「継続は力なり」を念頭に置いてバランスの良い食事を心がけましょう。

いわゆる男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia)の初期症状は、前髪をあげたときに額のあたりに薄毛の進行が見られるといったケースが多いです。

急激に進むものでもありませんから、気づかないのも無理もありません。

なんとなく生え際が後退してきたり、髪の分け目の白さが気になるとか、シャンプー後の乾燥で抜ける髪が増えたなと感じる場合は、おそらくAGAの兆候と見て間違いありません。

男性ホルモン由来の脱毛症であるAGAは、毛の抜け始める部位が似ているのが特徴です。

額の生え際からM字形に髪が薄くなるのと同時に頭頂部も薄くなり、その一方で後頭部や側頭部の髪は残っているサムライの月代のような形が最も多いです。

こういったAGAの典型的な症状とは異なり、いわゆる10円ハゲとも言われる円形脱毛症の場合は男性型脱毛症とは発症原因も違います。

ほかにAGAの特徴というと症状が進行性である点が挙げられます。

不安を感じた時は早いうちに専門の病院に相談することが大事です。

現時点ではAGAの治療には保険が効きませんから、料金は地域や病院によってかなり差があるようです。

コマーシャルでもお馴染みのAGA専門クリニックだと普通のところに比べて高めの価格設定ですが、より専門的で幅広い選択肢の中から治療を受けることができます。

平均的なところで、塗布や内服の処方薬による治療は駅前などにあるAGA専門医院で2万円前後で、都市部はやや安い傾向があり、一般医でその半分といったところでしょう。