未分類

新陳代謝は睡眠時に最も活発になる

乱れた生活習慣を改善し、規則正しく健康的な生活を送ることは、育毛対策にも繋がる事です。

一例を挙げると、新陳代謝は睡眠時に最も活発になるため、睡眠の質が低下すると毛母細胞が老化し、健康的な髪の毛を作りだせなくなります。

あるいは、適度な運動をしなければ、血行が悪くなり新陳代謝が低下しますので、育毛においては大きなマイナス要因となります。

なぜ血行不良が問題になるのかというと毛髪が成長するために必要な栄養が、頭皮に行き渡らなくなるからです。

意外に思われるかもしれませんが、健康的な髪を保つためには運動も必要です。

適度な運動は、汗で老廃物が流れ、血行が良くなり新陳代謝がアップします。

これらは育毛を促進させると言えるでしょう。

新陳代謝が活性化すれば、細胞が新しくなり、ハリやコシのある豊かな髪の毛に繋がるということなのです。

でも、直接、運動に発毛効果が認められている訳ではなく、育毛治療の効果が出やすくなると思っておきましょう。

大手のドラッグストアなどで探してみると、商品名に「スカルプ」という名前が入った育毛対策シャンプーを見かけます。

スカルプというと分かりにくいですが、これは頭皮のことで、スカルプの名前の付いたものは頭皮環境を改善して健康的な髪の成長を促すことを目的とした商品になります。

ですが、いくらスカルプケアの商品でも、シャンプーはシャンプーですから、頭皮に付着したままでは毛穴に老廃物が詰まってしまって、抜け毛や薄毛が進行する可能性があります。

ですから、きちんと洗い流すことを心掛けてください。

ある程度の期間、育毛治療を続けていると、成果を実感できる時がきます。

それが現れるのは、薄毛の部分に生え始める産毛です。

それぞれに違いはあるものの、薬による薄毛治療のケースでは、早くても3ヶ月程度、遅くても半年続けていれば、産毛が生えているのが分かるようになるでしょう。

これを抜かず、それぞれが太く堅くなっていくことで、育毛治療の効果をはっきりと感じることができるでしょう。

漢方をつかって、発毛や育毛治療をすることもできます。

漢方医学では薄毛の原因として、血の質が悪かったり、血自体の量が不足している血虚の状態や、疲れが抜けず慢性的に気(エネルギー)が不足している状態の気虚、あるいは、老化によって内臓やその他もろもろの全身の機能が低下する腎虚などを原因として挙げることが多いです。

こうした不調を改善し、自然治癒力、免疫力をアップして育毛を進めていく方法が漢方による育毛治療の効果です。

人間の爪や髪の毛はケラチンという成分でできています。

ケラチンは合わせて18種類ものアミノ酸が結合してできた集合体なので、育毛を考える人にとって、アミノ酸が重要だということになります。

ケラチンを構成するアミノ酸の中には、ヒトの身体では生成できない必須アミノ酸が存在しているため、食事の際に十分に摂取することが、育毛には大切なのです。

必須アミノ酸を多く含んだ食品である、乳製品や大豆を食べると良いでしょう。

頭皮に栄養を浸透させ発毛を促す育毛剤は、効果が出るまでに時間がかかります。

早い人でも数ヶ月はかかりますし、効果が出るのが遅ければ、数年かかることもあります。

これは、ヘアサイクルと呼ばれる髪の毛が生えて成長し、抜け落ちるまでの周期が問題になるからです。

ヘアサイクルの周期には退行期といって髪の毛の成長が止まる期間が1ヶ月程と、休止期という成長が止まった毛髪が抜けるまでの期間がおよそ3ヶ月あると言われており、どれだけ育毛剤で栄養を与えてもその後の成長期まで発毛することはないため、時間がかかってしまうという訳です。

日々の眠りの質を上げるのは健康的な髪の毛の成長を促し、育毛剤などを使用している場合、その効き目が実感しやすくなるでしょう。

と言うのは、一日の中で睡眠時に最も分泌される成長ホルモンが傷んだ毛髪や体内の組織を修復し、正常な状態に戻していくためなのです。

よく言われるように、22時から2時の4時間は成長ホルモンの分泌量が増える時間帯ですから、意識的にこの時間は眠っているようにすれば睡眠の質をさらに高めることができるでしょう。

もし育毛するとなると、いくらかかるのでしょうか?実際のところ、どの育毛方法を選ぶかによって費用は大幅に変わります。

育毛シャンプーや育毛剤を使うのであれば、月に一万円もあればおつりが出ます。

ただ、育毛専門のクリニックを頼る場合は毎月あたり数万円の予算をみた方が良いでしょう。

植毛で薄毛を目立たなくする場合でも、自毛なのか人工の毛髪を使うかで予算が大幅に変わります。

育毛治療をクリニックや病院で行った場合、保険の適用外になるので、全額を自分で払わなければなりません。

保険がないということは、一律料金ではなく、各クリニックによって異なります。

実際にかかる料金は直接、担当医にカウンセリングをしてもらってから算出されますが、薬のみで治療する場合よりも注射を使ったり植毛で育毛治療すると料金も格段に高くなってしまうでしょう。