未分類

本人が債務整理をしても身内の人が辛い思いをすることはない

当然ですが、債務整理をすると本人はブラックリストに登録されます。

ですが、身内の人が辛い思いをすることはないようです。

家族が所有する財産も債務整理の対象になったり、今後、金融機関などでお金を借りることができなくなることは絶対にありませんから安心してください。

けれども、借金の保証人が家族になっているケースでは異なることを覚えておいてください。

保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、安易な債務整理は厳禁です。

債務整理とは借金を整理することの総称で、その方法は任意整理や特定調停、あるいは個人再生や自己破産など、多くの手法があります。

多くの人が、任意整理で借金を清算しますが、債権者との話し合いが主体で裁判を起こす必要がないことや、完了するまで、あまり時間がかからないというメリットがあります。

依頼を受けた司法書士などは、はじめに各債権者に対して受任通知を送るので、業者からの催促の電話や郵便もストップします。

任意整理以外のケースではまず間違いなく裁判所を通すことになります。

借金の整理のために債務整理をした場合、今後の借入ができるかどうかは、重要な問題です。

債務整理者が借入やローンの申請を制限される法律はありませんから、借入できる可能性はあります。

ですが、大半の銀行や消費者金融でキャッシングサービスを利用することはほぼ無理だと思っておきましょう。

逆に、小さな消費者金融では利用できることもありますから、諦めることはありません。

子供がいる人が債務整理をすると、本人がブラックになることは避けられませんが、教育ローンの審査をパスできるのでしょうか。

主な教育ローンですが、銀行によるものと、国の教育ローンという日本公庫が提供しているものの二つがあります。

どちらの機関もブラックリストの情報を共有しているため、債務整理でブラックになっている期間は教育ローンの審査をパスすることができなくなります。

カードローンはお金が足りなくなった時の助けになります。

でも、使い方によっては返しきれない程に借金が膨らんでしまうかもしれません。

多重債務になった場合には債務整理が有効な手段になります。

任意整理以外の債務整理を行った場合、法的な手続きを経たうえで債務の減額が許可されるため、多重債務を解消し、安定した日常を送れるようになります。

自営業の人が債務整理をした場合には、注意点があります。

個人再生を行った段階で、現金になっていない売掛金がある場合、資産扱いとして処理されます。

例を挙げて言うと、債務が1000万円の人の場合、債務整理で個人再生をしたら、800万円の借金が免責され、債務額を200万円まで減らせます。

しかし、売掛金として100万円がある場合は、100万円の5分の1の20万円を加算した合わせて220万円を返済しなければならないでしょう。

任意整理は、債権者との交渉によって残った債務を毎月支払いながら完済を目指します。

その際に臨時収入などで返済資金に余裕がでた場合、その資金で残った債務を一括返済したり、繰り上げ返済をすることもOKです。

この方法を行う場合、任意整理を行った時、弁護士などが間に入っていたのであれば、債権者に対する返済の問い合わせは、担当の弁護士などに頼んだ方がスムーズに話が進みます。

弁護士や司法書士など、その道のプロが債務整理をしても、短くとも数ヶ月は終わらないでしょう。

けれども、この期間中は延滞損害金や金利が付くことはないです。

債務整理の中でも個人再生や任意整理を行った場合は、自己破産と違って一部の返済を続けなけばなりません。

残った債務は金利がかかりませんが、もし、返済期日に間に合わなくなると、この期間の延滞損害金と共に一括請求されたという事例もあるので、十分注意しておきましょう。

債務整理を弁護士に依頼するとなると、料金がかかりますが、依頼したい弁護士事務所に問い合わせるか、ホームページを見れば、大体の金額が把握できると思います。

複雑な事情を抱えている場合、料金が加算されるケースもありますが、一般的な多重債務の場合は、確認した料金の範囲で依頼を受けてくれるでしょう。

弁護士事務所次第で、対応も違いますから、信頼できなさそうだと思えば、別の事務所を探すのもおススメです。

借金地獄に陥ってしまった人の一部には、その原因がうつ病だという人も意外と多いのです。

働くことができずに借金を繰り返したり、生活費を工面するために借入を繰り返した結果、支払できない程の借金を抱えてしまったとは、誰にも言いたくないことですから、一人で思い悩んでしまうケースが多いのです。

こうした問題のためにさらにうつ病が酷くなって、最悪のケースを辿ることもあるのです。