未分類

AGA治療には頭皮や体の血行改善が重要

平熱が低めの人というのは、代謝が弱まっていることを念頭に置いて治療した方が良いでしょう。

AGA治療には頭皮や体の血行改善が重要ですから、代謝機能の底上げを図ることは頭髪の発育を促す役に立ってくれるでしょう。

あまり冷たい飲み物や食べ物ばかりとらず、身体を冷やす行為も控え、人参、南瓜、ごぼうなど体温を上げる食材をとるとか、入浴の際もシャワーなら半身浴を併用したり、浴槽での入浴機会を増やせば、対処すると良いでしょう。

医療機関の手を借りずにAGAを自力で治すことは、部分的なアプローチでしたら可能です。

地肌に髪を植毛する施術や、薬を毛根に直接注入するメソセラピーは医療機関でなければできません。

しかし、薬の内服や外用薬の利用に限定すれば、個人輸入で購入することで自分だけで治療を完結することができます。

その場合はジェネリック医薬品を指定すれば、AGA専門医などにかかるのと比較すると価格的にだいぶ抑えられるという利点があります。

ドラッグストアや近所の薬局などでも薬剤師さえいればAGAの薬は購入できます。

しかしそういった薬よりは病院で処方される医療用医薬品の方が薬効が高いですし、診察して処方箋を貰わないと買えない治療薬などもあります。

全国的にもAGA専門病院は増える傾向にありますし、個人病院や一般的な総合病院などでもAGAの診察や治療を受け付けているところもあるため、兆候に気づいたら早めに診察だけでも受けるようにしましょう。

薬局などで販売されている育毛剤やトニックなどにも対AGAで有効な薬剤であるミノキシジルを配合したものがあります。

現状ではフィナステリド(DHT抑制剤)が配合されている薬は医療用医薬品であるため、購入には医師の処方が必要ですが、一方でミノキシジルを含む薬、ケア用品等は大衆薬として市販されています。

日本で現在売られているのは大正製薬のリアップはミノキシジル1%を含みますが、ガスター10やロキソプロフェンのような第一類医薬品の扱いですから、同じ薬局でも薬剤師さんが勤務している時間内でないと買えないのが難点です。

喫煙者にとっては厳しい事実かもしれませんが、AGAにはタバコは百害あって一利なしです。

非喫煙者と喫煙者を比較した場合、後者のほうが抜け毛の原因となるDHTという性ホルモンが増加するからです。

喫煙で体内に取り込まれたニコチンは即時的に血流を悪化させる作用があるため、地肌や毛髪にとっては踏んだり蹴ったりの状態になってしまいます。

せっかくの治療効果が減殺されてしまいますから、もしかしてこれはAGAではと思ったら禁煙したほうが、AGAの進行速度を抑えることができます。

間接的な効果という意味で、スカルプマッサージは男性型脱毛症(AGA)の治療に際しては有効ですから、やり方を知っておいて損はありません。

継続的にマッサージをすると体とつながる頸部や毛根のある頭皮の状態が改善され、病院での投薬治療の効果を高めてくれます。

頭皮のマッサージは非常に気持ちの良いものですし、血流が改善され、毛穴トラブルの原因になる皮脂や汚れがきれいにとれるようになり、毛髪サイクルの健全化にも結びつきます。

同じ薄毛の場合でも男性型脱毛症の場合は、毛が薄くなっていく部分にある種の共通性があります。

薄くなり始めるのは頭頂部やつむじ、前髪の生え際といった部分が主で、サイドから後ろにかけてはそんなに抜けないという形が主で進行の度合いによっては目立ちません。

このパターンを踏襲せず、抜け毛で小さく円形のハゲができるのは円形脱毛症と言われ、ジヒドロテストステロン(AGAの原因)の分泌とは無関係に発症します。

もうひとつAGAの特徴としては時間とともに症状が進行するという点があります。

気になることがあれば皮膚科かAGAの専門医に相談することが大事です。

以前は若禿とも言われたAGAの症状が発現するきっかけには性ホルモンが大きく関与しています。

男性なら誰もが持つテストステロンというホルモンが人の身体の皮脂腺から分泌される特定の酵素によってテストステロンに比べ作用の強いジヒドロテストステロンに変換されることが抜け毛や薄毛の原因になることがわかっているからです。

この厄介な役割を果たす酵素の分泌量は遺伝的に異なることが解っていて、昔から言われる薄毛遺伝の話が科学的に立証されたことになります。

白衣のGACKTさんのCMでお茶の間の度肝を抜いたAGAスキンクリニックは、全国的に支店を持つ、AGA専門の病院です。

診療時間は21時までですから、平日の仕事帰りにも行けて通いやすいのが特長です。

無償のカウンセリングも用意されており、プロペシアによる治療を希望するのであれば、初回限定で4200円で受けられます。

それに代わる後発医薬品であるPfizer社製のフィナステリド錠を使用する際は次回からも6000円の負担で済みます。

フィナステリド製剤のプロペシアやミノキシジル配合薬がAGAの治療の現場ではこれまでもっとも使用されてきた薬です。

病院で処方されるプロペシアの方は、後発医薬品がファイザーから発売されるようになりました。

AGAというのは普通、治療に時間がかかるものですから、通院も薬も長らく継続していくものです。

なるべくコストを抑えたいというのは当然ですし、今あるジェネリック薬や今後販売されるそれを利用するのについて担当医に相談するのも手です。