未分類

東洋医学から生まれた漢方にも育毛治療の方法がある

育毛治療というと育毛剤や薬、植毛を思い浮かべる方も多いと思いますが、漢方にも育毛治療の方法があります。

東洋医学から生まれた漢方では、薄毛の問題は全身に巡る血が不足する血虚や、気虚と呼ばれるストレスや疲れでエネルギーが慢性的に不足している状態、歳を重ね、全身の身体機能が低下した状態の腎虚などを挙げることができます。

それぞれの不調を漢方で治しつつ、免疫力や自然治癒力をアップして抜け毛や薄毛を改善していくのが漢方独特の育毛方法になります。

毛穴から産毛が生えてきたら、それまで行ってきた育毛治療が正しかったと言えるかもしれません。

髪の毛の元となる毛母細胞がしっかり働いている場合は、新しい産毛が豊かでハリのある髪の毛へと変わっていきます。

とはいえ、この細胞の機能が完全に回復していない状態では、産毛は成長出来ませんので、抜けてしまいます。

ですので、産毛が生えても手放しで喜ぶのではなく、抜け落ちることもあると理解しておきましょう。

育毛に関する情報は日々更新されており、今現在も育毛に効果がある成分がさまざまに見つかっています。

白薬子エキスは、髪の素になる毛母細胞の働きを良くしますし、頭皮を含めた体内の血行不良の改善に効果があるニンジンエキス、またはヒノキチオールという、殺菌作用があり頭皮ケアに最適な成分などです。

もし医薬品や医薬部外品の育毛治療薬を使うのなら、製薬会社は成分を全て記載する義務があるので、パッケージなどを見れば、前もって成分と効能をチェックすることも可能です。

けれども、化粧品のカテゴリーで販売される育毛ケアの商品には記載の義務がないため、具体的な成分は分からないでしょう。

成人のカラダは60%近くが水分なので、一日2リットルから3リットルの水分を補給したいものです。

水分が欠乏してくると血液が濃くドロドロになって、血行が悪くなってしまうでしょう。

血行不良は髪の成長に必要な栄養素が届かなくなる原因ですから、髪の力も衰えてしまいます。

他にも、皮膚の細胞も水分不足になる事から、素肌と地続きである頭皮にも良くありません。

女性ホルモンであるエストロゲンと類似する化学構造を持っているイソフラボンは、男性ホルモンの活性化を抑えて、薄毛を改善する効果があると言われています。

ですから、育毛にも効果があると言われますが、これまでに科学的実証が認められたという話はありません。

世間では、大豆イソフラボンという名が真っ先に挙がるように、大豆製品にはイソフラボンが多く含まれています。

肌に合わないものを使うと、顔にニキビやかゆみ、炎症の症状が現れるケースがあります。

頭皮にも同じことが言え、育毛剤の刺激が強いと肌トラブルの原因になります。

効き目の副作用と思って甘く見ていると、育毛治療になるどころか頭皮環境が悪化し、逆効果になる可能性があります。

育毛剤を使用後に肌に違和感を覚えた場合、使用を止めることを覚えておきましょう。

普通、アロマオイルというとリラックス効果を目的としたものとしてのイメージが定着していますが、育毛治療にも役立つオイルもたくさんの種類があるのです。

どのようなものがあるのかというと、スウィートオレンジというアロマオイルは発汗作用があり、血行を促進すると同時に毛根に作用すると言われています。

いくつかのオイルを組み合わせてこの世に一つしかない、自分だけのシャンプーやマッサージオイルを作ることも出来ます。

昔から、ワカメを食べると髪が増えると言われていましたが、ヨウ素などが含まれている海藻を積極的に食べたとしても、髪の毛が生えるような効果は無いというのが一般的な説でした。

ところが、海藻のネバネバした成分に含まれるフコイダンが毛母細胞から髪を作るために必要なIGF-1の物質を生み出すために必要なことが明らかになりました。

別名ソマトメジンCとも言われるIGF-1は、海藻類以外にも、大豆製品や唐辛子などの食品を摂取することでも生成されることが認められています。

生き生きとした髪を作るにあたって食事の中で亜鉛を取るようにしてください。

髪の毛の99%はタンパク質でできていますが、亜鉛はこのタンパク質と髪の毛を繋げるために必要不可欠な成分なのです。

加えて、薄毛の原因となる男性ホルモンのDHTの働きを弱くする働きもあるため、全般的な髪の問題に大切な成分だということが分かると思います。

亜鉛を多く摂取できる食品はというと、豚のレバーや牡蠣、牛肉が挙げられます。

抜け毛を見付けると薄毛の心配をする人もいますが、普通、髪は一日に50本から100本は自然に抜け落ちます。

その時の季節で抜け毛は増加したりもしますし、反対に髪の伸びが早まったり、生えやすくなるといった時もあります。

季節の中では、夏の終わりが最も抜け毛が多くなる季節だと言われています。

湿気の多い梅雨を経て真夏の紫外線を浴びることで頭皮環境に大きなダメージが与えられているからです。

さらに、自然の摂理として春や秋といった季節の変わり目は、体毛が生え変わる季節だからです。