未分類

どんなに年をとっても遺伝子パターンが変化することはない

体質的にAGAが発現する可能性の度合いを診断できるのが遺伝子レベルのAGA検査です。

どんなに年をとっても遺伝子パターンが変化することはないですし、一度検査すればその結果は一生ものです。

男性型脱毛症の治療をしている病院であれば、遺伝子レベルでの検査は何科であろうと出来るものですが、病院に行くのが難しいとか、費用面で安くあげたい時には、検査キットがネットで売られていますので、それを使えば手間も費用も最小限で検査をすることができます。

AGAというのは男性型脱毛症の略で、進行性であることが特徴です。

症状が出るのは早くて20代からですが、原理的に言えば思春期から始まる可能性もあり、額の形にもよりますがだいだいM字を描くように髪の毛が薄くなっていきます。

同時進行で頭頂部や髪の分け目なども頭皮が目立つようになるでしょう。

何がAGAを引き起こすのかは、これまでにも研究が重ねられてきましたが、解明しきれているとは言えません。

けれどもテストステロンという男性ホルモンを重要因子とする考え方は間違いではなく、今後さらに研究が進んでいくでしょう。

よくヘアカラーやパーマをAGA発症と結びつける人がいますが、それでAGAを発症すると考えるのは、実は誤りです。

AGAは男性型脱毛症といって、テストステロンより強いジヒドロテストステロンという男性ホルモンが原因だからです。

ただ、毛染め液やパーマの薬剤がまったく負担にならないかといったらそうではないので、それ自体が脱毛・薄毛の要因となることはあるでしょう。

あとで深刻なダメージにつながらないよう、家で染めているのであれば入念にすすぎを行うなどのケアを怠らないようにしましょう。

治療は若い時から始める方がより良い治療効果を得られるという研究報告があります。

しかし、AGAの状態が進んでいることが客観的に明らかな時でも、毛母細胞(もうぼさいぼう)が頭皮にあるのでしたら諦めることはありません。

この毛母細胞ですが、実際のところ肉眼で区別できるものではないため、毛がなくなってしまっているようでも実際には毛母細胞が生きていることだってあるわけです。

悩み続けるよりははっきりさせたほうが良いので、専門の医者に診てもらうことをおすすめします。

健康な時にはどんどん体外に老廃物が排出されますが、排出しにくい状態が暫く続くと、ますます代謝が悪くなってきます。

それは体にもAGAにも良いはずがありません。

ときには毒出し(デトックス)という方法で鈍ってきた体に喝を入れると良いでしょう。

体に蓄積した老廃物を出すのに最適な手段といったら水分補給しつつ汗を流すのが効果的です。

スポーツ全般と有酸素運動、岩盤浴、サウナ、半身浴など方法は様々です。

その際、意識的に水分補給するのを忘れないでください。

頭髪が徐々に薄くなるAGAの症状が発現するきっかけには性ホルモンが大きく関与しています。

男性ホルモンであるテストステロンが同じく体内で分泌される酵素によって代謝され、テストステロンに比べ作用の強いジヒドロテストステロンに変換されることが抜け毛や薄毛の原因になることがわかっているからです。

どれくらいその酵素が分泌されるかは遺伝子によって親から受け継がれると最近では解明されており、冗談で「うちはハゲの家系で」などと言うのは俗説ではなく本当だったということになります。

AGAの治療開始からその効果が現れるようになるのは、元の状態によっても違いますが、少なくとも半年くらいは期間を要するのが普通です。

以前と比べて本当に変わったと手応えを感じるには、実際に何年という時間が必要かもしれません。

ウイルス性疾患のように抗生物質で抑えこむような種類の病気とは違いますから、素人判断で中断したりせず、地道にこつこつと治療を続けていきましょう。

AGAは思春期以降であれば誰でも発症する可能性があります。

これはAGAだと言いうる年齢については確固たる基準はないものの、中高生で薄毛のために来院した患者さんでも他のどの原因よりAGAの疑いが強いケースもあります。

ただ、ストレスや免疫異常による薄毛の可能性もありますから、不安を感じたら専門のクリニックで診てもらうことをお薦めします。

それと、有名なAGA治療薬にフィナステリドがありますが、成人以外には安全性が未確認であることからたとえAGAでも二十歳を超えない限りは処方不可能です。

CMなどでAGA専門を謳うクリニックなどに通い、医師のアドバイス通りに治療していったとしても、日常的に乱れた生活習慣を続けていると期待するほどの治療効果は得にくいです。

規則正しい食生活を心がけたり、あまりストレスを蓄積しないよう気分転換するとか、質の高い睡眠も不可欠です。

寝不足からくるストレスというのは意外と多いもので、新陳代謝も悪くなりますから頭皮の健康も損ないますし、育毛にとっても良い環境とは言えません。

AGAの治療薬としてはプロペシアとリアップが知名度も高く流通量も多いです。

処方薬であるプロペシアについては近年、ジェネリックのフィナステリド錠が販売されています。

時間をかけてなるのがAGAなら、治療にも時間がかかるのは当然で、通院も薬も長らく継続していくものです。

なるべくコストを軽減していこうと思ったら、今あるジェネリック薬や今後販売されるそれを利用するのを考えてみても良いでしょう。