未分類

ワカメを食べると髪が増えて健康的な毛髪になる?

育毛に関してよく言われるのが、ワカメを食べると髪が増えて健康的な毛髪になるという話です。

当然のように言われてきた俗説ですが、とくにそのような科学的事実は無く、ワカメそれ自体を食べても薄毛や抜け毛が改善するわけではありません。

ワカメなどの代表的な海藻の成分で育毛に適した成分をあえて言うとすると、ヨウ素とフコイダンでしょう。

甲状腺ホルモンをつくり、免疫力がアップして身体機能の向上を図ることができますから、体質自体を育毛に適したものに変えるということなら役立つとも言えます。

当然ですが、毎日の食事が髪の毛の質を左右します。

毎日の食事に取り入れてほしいのは、栄養成分にたんぱく質が多く含まれているものす。

髪を作るためには、良質なたんぱく質の補給が欠かせません。

たんぱく質が多い食品は、卵や大豆、乳製品などがあります。

とりわけ、大豆は、中に含まれているイソフラボンという成分が男性ホルモンを抑制するため、育毛の対策におススメの食べ物です。

基本的に、育毛剤を使った場合はすぐに効果が現れるということはありません。

早い人でも数ヶ月はかかりますし、時間のかかる人の場合、1年以上というケースも珍しくありません。

なぜ時間がかかるのかというと、ヘアサイクルという一本の毛髪が生えてから抜けるまでの周期を理解すると分かりやすいでしょう。

ヘアサイクルの周期には退行期といって髪の毛の成長が止まる期間が1ヶ月程と、その後、髪が自然に抜け落ちるまでの休止期が3ヶ月程度あります。

この時にいくら育毛剤で毛根を活発にしようとしても成長期が来ない限り新たに発毛することはありえないためです。

コラーゲンというと、肌のハリをアップさせる成分のように思われがちですが、意外にも、育毛にも効果を発揮するのです。

ヒトの皮膚の奥の方にある真皮層はほとんどがコラーゲンで、これが不足すると皮膚が硬くなりハリがなくなります。

もちろん、頭皮も同じ事だと理解してください。

頭皮にハリがと潤いがある状態なら代謝が上がり、健康的な髪の成長に役立ちます。

本気で育毛治療をするのであればクリニックなどに行きましょう。

しかし、病院に行くまでもない時や、予防を考えている場合は自宅で簡単に頭皮や頭髪のケアをしましょう。

高価な道具を揃えなくても、バランスの良い食事を心掛けたり、飲酒やタバコを控える、それに軽い有酸素運動と入浴で血行を促進させるといった、生活習慣を改善するだけでも、十分な育毛ケアになります。

私達の体は、その6割が水分で出来ているので、一日当たり2から3リットルの水分補給をして、健康維持を心掛けましょう。

体内の水分が少なくなってしまうと血液が血管をスムーズに通らなくなって、血行不良になります。

その結果、髪に届くはずの栄養が行き渡らず、髪の健康に悪影響が及びます。

それに、皮膚の細胞も水分不足になる事から、皮膚組織である頭皮の環境も悪化してしまうのです。

育毛するのなら髪に良い生活を心掛けることも重要ですが、本格的な育毛治療となると専門のクリニックを利用するのが近道と言えるかもしれません。

投薬での治療は長い時間がかかるでしょうし、植毛を行うとなると施術の費用が気になります。

ですから、気になる育毛クリニックのカウンセリングを受け、治療内容や金銭面に信頼がおけるクリニックを探すようにしてください。

一部のクリニックを除いて、多くのクリニックが無料カウンセリングを受け付けているでしょう。

スキンケア用品が合わないと、肌にニキビや炎症、または、かゆみが現れることがあります。

頭皮にも同じことが言え、合わない育毛剤を使ってしまうと肌トラブルの原因になります。

効き目がある育毛剤ほど副作用が出やすいと放置している人もいますが、育毛の効果が出る前に頭皮環境が悪化し、逆効果になる可能性があります。

もし肌トラブルを抱えてしまったら使用を控える方が良いでしょう。

2012年にノーベル生理学と医学賞を受賞した山中教授が作りだした万能細胞のiPS細胞ですが、この細胞から髪の毛を生やす細胞を作れることが分かってきました。

毛穴の底にある組織で健康的な髪の成長に必要な毛包が再生されたのです。

技術が完成した訳ではないので、使えるまでには時間がかかってしまうでしょうが、育毛のための技術は日進月歩で発展しています。

残念ながら、育毛サロンで詐欺被害に遭ったという報告は後を絶ちません。

とはいえ、ほとんどの育毛サロンは安全です。

けれど、桁外れな金額を請求されたり、そもそも誰にでも効果があるような育毛治療は存在していないのに、絶対に発毛すると信じ込ませようとするなど、何かおかしいと思った場合は、サロンと契約を結ぶより先に周りのアドバイスをもらうようにしましょう。