未分類

確定申告で所得とされるのは給与や配当以外に何がある?

確定申告は国民の義務であり、前年の1月から12月までの所得から税額を自己申告するためにあります。

会社に雇用されていて源泉徴収で納税している人などは、所得税の過不足をここで確定します。

確定申告で所得とされるのは給与や配当以外に、住宅売却による収入等も報告義務があります。

所有期間5年以下の不動産は税率が40%、5年超でも20%は税金として納めなければならないため、負担が大きいことはたしかです。

家を売るならなるべく高く売りたいものです。

その際は一社に絞らず複数の仲介業者に家の価値を見積もってもらいましょう。

複数の不動産業者に一括で見積り依頼できる不動産関連の一括見積りサービスがネットには多数あるのをご存知でしょうか。

無料で査定できて、複数の会社に一括で査定依頼しても、その中から1社を選んで契約すべしといった制約はありませんし、比較検討のために利用してみてはいかがでしょう。

そうしょっちゅうあることでもないため、家を売るにもどうしたら良いかわからないという人もいて当然と言えるでしょう。

ここで不動産売買の簡単に流れだけ追ってみましょう。

最初は住宅等を一括査定するサイトを使い、複数の不動産会社に家の価値を見積りしてもらいます。

その中から査定額が高いだけでなく信頼できる会社を選び、売却のための媒介契約を結びます。

そのうち現れる購入希望者と金額の話し合いなどを経て、金銭の授受と物件の引渡しを行い、登記変更をしておしまいです。

家を処分する際、個人対個人で売買を行うのは困難ですから、一切を不動産屋の仲介に任せるのが常識です。

そこで、出来る限り高値で売却する秘訣ですが、特定の不動産業者1社に任せるのではなく、多数の業者に物件の見積り依頼をして、どんどん査定してもらうに限ります。

大手、中小を問わず複数の不動産業者に一括査定依頼できるサイトがありますし、査定額の比較だけでなく各社の本気度もわかり、自分に合う業者選択が容易になります。

なるべく高く家を売りたいなら、価格面で交渉が生じるのは当然と考えていいでしょう。

購入者にしてみれば少しでも安いほうが嬉しいのですから、大きな金額である不動産取引では価格交渉なしというケースは殆どありません。

売手の希望を押し通そうとして購入希望者を逃してしまっては、とんだ無駄骨です。

このあたりで手を打とうという判断が出来るよう、住宅の相場に関する知識を持つのはたいへん意義のあることなのです。

不動産売買には権利証がつきものですが、もし失くしてしまったら物件は売れないのでしょうか。

権利証(あるいは登記済証)をなくしたら幾ら居住実績のある家でも売却することはできず、権利証(登記済証)の再発行も絶対に不可能です。

そんな八方塞がりの状況を打破する手段は、あるといえばあります。

司法書士に頼んで「本人確認情報」というものを作成し、登記名義人である旨を証明してもらうことで売れるようになります。

時間がかかるのもさることながら、費用も数万からかかりますので、権利証が見当たらなければよく探してください。

基本的なことですが、現在住んでいる住宅を売るときに気をつけておきたいことは、急な内覧予約がきても良いように、いつでも備えておくことでしょう。

そもそも家を見たいという人は、その家に対して関心があるわけですが、内覧で悪いところばかりが目に入ったら、買う気持ちが萎えてしまうでしょう。

つきましては家のお掃除はいつにもまして丁寧に、そしてたびたびしておいたほうが良いでしょう。

人それぞれの事情があって現在まで暮らした我が家を売るのでしょうが、思い立ってから決断に至るまでには険しい道があったでしょう。

ただ、せっかく決めたことでも、落胆するか、明るい将来への布石とするかは本人の気の持ちようともいえます。

購入者に家を引き渡す前には物を整理し、処分する必要にも迫られます。

面白いもので身辺の整理が進むと爽快感と共に力が湧いてきます。

住宅の売却で得られる効用は、いわゆる断捨離も同時にできてしまうことでしょう。

将来の隣人との境界争いを未然に防ぐために測量を行い、土地境界確定図を作成するのは、土地付きの住宅を売却する際にはありえるでしょう。

法的に強制されたものではありませんが、平米単価が高ければ、少量の誤差でも10万ないし数十万円の違いがでますから、しておくべきことはしておこうと考える人は多いようです。

土地面積にもよりますが、測量や土地境界確定図作成などにかかる費用の相場は30万円ほどです。

費用は売り主の出費となりますが、買う側からすれば要らぬトラブルを避けられるのですから安心です。

買う側にとってつらいのが消費税の負担です。

家を買うときにも例外ではありませんが、課税対象には土地は含まないため、土地付き一戸建てであれば消費税は建物代に対してだけ課税されます。

それと、自宅売却のように売り手が個人の場合は土地だけでなく建物も非課税扱いになります。

しかし個人の所有であろうと自分が住む以外の用途で所有している不動産だと、課税対象とみなされるため、注意が必要です。