ゴールデンタイムと言われている22時から深夜2時までには寝ていたい

あたしが美肌の為に気をつけていることは睡眠を十分にとることです。
ゴールデンタイムと言われている22時から深夜2時までは極力寝ている時間になるようにしています。
それは最近目蓋の窪みが目立ってきたからです。
目がくぼんでしまう原因はいくつかあります。
年とともに脂肪が減ってしまうことでなったり、水分が足りてないことが原因だったり、目の疲れだったりします。
水分が少ないのはやっぱりメイクをしている影響が大きいでしょう。
けれども目の疲れにおいては携帯電話やパソコンを長時間見て目を使い過ぎたり眠る時間が少ないことが原因です。
それであたしはちょっとでも目蓋の窪みを改善させるために睡眠をしっかり取るようにしていす。
年寄りが寝る時間と同じくらいの夜の9時には就寝しています。
その分朝5時に目が覚めてしまいます。
やりたいことは朝活として行い夜はなるべく早い時間に寝るように気をつけています。
朝が早いと夜もすぐに眠れてしまいます。
日常の生活習慣からも美肌を目指すことはできます。
年齢とともに素肌もちょっとずつふけていきますよね。
しかしちょっとでもそのことを後回しにしたいと悩んでいます。
そのためにしっかりとスキンケアをするのも毎日となると大変なので、的をしぼって行っています。
それは、「眠りにつく前にはちゃんとメイクオフする」という事。
睡眠時に皮膚の新陳代謝がアップするので、睡眠時には肌を綺麗な状態にしておく。
それだけは必ず守ると心に誓っています。
それ以外、保湿化粧水を適当に済ませちゃったとか、紫外線にさらされていたのにフェイスパックをやってないとか、そういう事は出来るときにやるということにしています。
何かとやらなきゃならない事ばっかりになっても、連日やれる気がしないけれど、「化粧落とし」だけであれば、それ程手間暇かからないことなのです。
ですから意外と継続できてますし、肌を綺麗な状態にして睡眠をとると翌朝のスキンコンディションはとっても良いように思います。
なんだかんだ決め事を作ってしまうより、このようなケア法は凄く基本的で絶好調の皮膚が保たれているので、このまま続行しようと決めています。
皮フに直接与えるものなのでローションや乳液などに神経を使っています。
皮膚にはじめに、つけるローションは、特に大事だと思っています。
肌質にあった化粧水である事はもちろん、どういった機能性成分が配合されているかというのも注意しています。
肌トラブルを招かないようになにで出来ているのか確認しています。
それと、「しわ」と言えば乾燥なので、モイスチュアケアができるローションをチョイスしています。
潤った弾力のある素肌が、若見え術の極意ですよ。
キチンと美容ローションを取り込むためにマッサージも行っています。
ほうれい線や目元には、染み込ませるように肌になじませていきます。
手の平全体で、擦らないように美顔マッサージをすると、血行も良くなり、美容化粧水の吸収率も上がります。
美容ローションの香りにも気をつけています。
どんな匂いか分からない時は購入しないくらいです。
化粧水をつける時は、アロマテラピーのように、より落ち着いてスキンケアタイムを豊かなものにしています。
きちんと基礎化粧品と向き合い理解して使用することが美しい肌で過ごせるのではないでしょうか。