幼少期から汗の出る量は多かったような気が…

あたしは多汗症です。
格別太った体型でもないのですが、幼少期から汗の出る量は多かったような気がします。
体育でフォークダンスをするとき、隣の子と手を繋がなきゃいけないような時は、ダンスが始まる前まで手ににじんだ汗をタオルで拭うのですが、すぐ汗で濡れてしまうため、気持ち悪がられたことがあります。
今でも汗をかく時期は大変です。
通勤時、家から駅まで歩いて十分位なのですけど、駅に着いた時には汗で背中が湿っています。
出勤時は電車が満員なのですし詰め状態になる事が増えるのですけど、私の背中に触ると、特に若い女性などでは直接的に不機嫌な顔をされる事があるのです。
私も申し訳ない、とは思うのですが「別に悪意がある訳じゃないんだからそこまで露骨に示さなくても」と気分が悪くなるのです。
オフィスでは汗で湿ってしまった洋服を着替え(自宅から服を持参しています)、消臭シートを使って汗を拭きとっていますが、女子社員には「臭い」と言われたことがあります。
今どきスメハラといった考え方もあるのでニオイで不快を与えないように気遣うようにしています。
マジで嫌です、夏にかく汗って。
梅雨明けしてからは気温も高くなるので、社内にいても汗ばんでしまいます。
最近ではビジネス・カジュアルも普通になりましたが、軽装になっても、空調の設定温度は28度。
やはり汗が垂れるのです。
わたくしが一番気になるのは、汗その物ではなく、汗臭。
最も気になるのは脇。
女ですもの(おとこの人もでしょうか)汗臭いなんて絶対NG。
嫌々ながら、日々着替えを持っているのです。
荷物は増えるけど、こうしている事で少しは気が楽になりました。
あとひとつは制汗アイテム。
脇用の制汗剤がいっぱい発売されています。
20代のころはたいてい吹き付けるタイプの物を利用していましたが、効果のほどはそれほどではありませんでした。
そのため、直接塗るロールオンタイプや、スティックタイプの制汗剤など複数試したのです。
私のお気に入りは、リフレアという制汗剤です。
瓶に入ったクリームタイプの物をずっと使っていました。
今年は、デオナチュレのスティックタイプの物を使用。
デオナチュレはかなり効果の高いものだと思います。
デオナチュレはクリームタイプもありますが、インターネットでも高い評価を得ています。
というわけで、デオナチュレ&着替えの持参で、多汗症の皆さんは夏を乗り越えましょう。
汗で悩んでいる事の中で、汗の臭いがあります。
皆さまは、自分自身の汗臭を感じていますか?自分の臭いって、自分で感じる事は出来ませんよね。
薄着の季節は、傍に座っている仕事の同僚から、腋臭のニオイがするのです。
酢のような、鼻に突き刺さるみたいな、不快な臭いなんです。
そのニオイも、ご本人は気づいていないのではないかと思っています。
そういう自分自身も、私自身の汗臭は分からないのです。
もしかしたらワキガを放っているかもと考えると、恐ろしくなります。
周囲の人が指摘するのは難しいと思うから、不安になってしまいます。
デオドラント剤とか制汗シートも市販されていますよね。
あたしは制汗剤を利用しています。
これで臭わなくなればいいと思いますが、それも確認のしようがありません。
汗がどの程度臭っているのか、測れるような装置があったら安心なんですけどね。
可能ならば、「どのような系統のニオイなのか」、「臭いを消す方法」とかを、一緒に知りたいです。
体質の関係もあると思う為一概には言えないのですが、汗臭を配慮する事も礼儀のひとつではないでしょうか。
汗の悩みというのは、当事者が劣等感を持つことがある為非常に面倒です。
ヘアスタイルの悩みとか、服装の問題であれば、実は解決しやすいです。
相応にセンスを持っている美容師さんに協力してもらうことで、いとも簡単に済んでしまうこともよくあります。
ですが、汗の悩みには切実な部分もあったりします。
何故なら、身体自体に何かしら原因があるという面があるからです。
それからもう一つ厄介なのが、汗の困り事って、当人は分かりにくい事なのです。
だから、自分では汗は臭っていないと思って過ごしていますが、まわりには不快感を与えているという悲しい事態が発生する事もあるのです。
汗の悩みってそういう面が重大なので、解決策はなかなかないと思うのです。
デオドラントアイテムを使用しても、それが体質に合っていない場合、汗くさいニオイと混ざり余計に臭くなることもあるのです。
なので、汗の悩みに関しては極力友だちなどに早々に相談する方が対処できるかもしれません。